各種資産の裁定取引の分析レポート

各種資産の裁定取引の分析レポート

投資と取引で知られている戦略の1つは、トレーダーが同時に2つの異なる市場や取引所でコモディティ、通貨、証券、暗号通貨などの同じ資産を売買することで利益を得ることができる裁定取引です。この手法により、トレーダーは、市場の非効率性として知られている2つの異なる市場での同じ資産の価格差を利用することができます。

アービトラージとは何ですか?

裁定取引とは、同じ資産の異なる市場や取引所における価格差を利用した取引戦略です。裁定取引の機会が発生するためには、価格設定が異なる2つの同等の資産が存在する状況が必要です。基本的に、裁定取引は、トレーダーが異なる取引所における資産価格の不均衡を利用する状況です。

裁定取引の最も単純な形は、価格が低い取引所や市場で資産を購入し、同時に資産の価格がはるかに高い市場でそれを販売することです。広く使われている投資と取引戦略であり、これまでに存在した最も古い戦略の一つとして考えられています。

この戦略は、密接に市場の効率性理論に関連しています。この理論に従うと、市場が完全に効率的であるためには、すべての同等の資産は同じ価格であるべきであることを意味し、裁定取引の機会があるべきではないことになります。異なった市場の価格の収束は市場の効率性を意味するのです。

資本資産価格モデル裁定取引価格理論によれば、裁定取引の機会は、資産の価格が誤って設定されている場合にのみ発生します。これらの機会が十分に探索され、利用されれば、これらの同等の資産の価格は収束するはずです。

裁定取引の仕組み

前述したように、裁定取引が機能するのは、市場に内在する非効率性のためです。需要と供給は金融市場の背後にある主な駆動要因であり、それらのいずれかが変化すると、資産の価格に影響を与える可能性があります。裁定取引のトレーダーは、非効率性によってもたらされるこれらの瞬間的なグリッチを利用します。

トレーダーは、裁定取引戦略の利点を十分に享受するために、自動取引システムを使用することができます。これらの自動売買システムは、アルゴリズムを使用して価格設定のギャップを発見し、トレーダーは、それが常識となり、市場が価格設定を調整する前に、市場での価格差に飛びつくことができます。

裁定取引の種類

今日の市場では、一般的に使用されている2つのタイプの裁定取引があります:単純または2つの通貨の裁定取引と、三角裁定取引です。

シンプルなアービトラージ

単純な裁定取引は、同じ資産の間の異なる取引所での価格ギャップの利用です。最も頻繁に、これは2つの取引所が異なる同じ資産を引用するときに発生します。クリプトカレンシーを例に、単純裁定取引がどのように機能するかを見てみましょう。

  • 取引所Aは、1ETHを0.021BTCで売り、1ETHを0.024BTCで買います。

この例では、トレーダーが取引所AからETHを購入し、0.021 BTCの安値で販売している取引所AからETHを購入し、すぐに取引所BにETHを0.028 BTCで売却することができます。この取引を10BTCで行えば、あっという間に3BTCの利益を得ることができます。しかし、このような矛盾を発見した場合、トレーダーは迅速に行動しなければなりません。そうでなければ、他のトレーダーがこの裁定取引の機会を発見した場合、市場は価格を調整し、機会を失うことになります。

三角裁定

2つの通貨のみを含む単純な裁定とは異なり、三角裁定は、3つ以上の通貨が含まれます。このタイプの裁定取引は、通貨の為替レートが完全に一致しない場合に、3つ以上の異なる通貨の間で不一致が発生した場合に使用できます。

このタイプの裁定取引をよりよく理解するために、FXをに説明します。トレーダーは、以下の為替レートで取引するために、100万米ドルからスタートします。

上記の為替レートを使用すると、三角裁定はこのように作用します。

  • 米ドルを売ってEURを買う:100万ドル×0.8631 = €863,100

これらの取引から、税金や取引コストがかからないと仮定した場合、トレーダーは1,373米ドルの裁定利益を得ることになります。

各種資産の裁定取引

裁定取引は、さまざまな種類の資産に適用することができます。これらは、裁定取引を活用した様々な資産です。

商品の裁定取引

コモディティとは、私たちの生活に必要な貴金属やエネルギー、原材料などを含む資産のことです。コモディティ取引は、世界で最も歴史のある取引市場の一つであり、多くの人に広く利用されています。一方、裁定取引は、異なる取引所で資産の売買を同時に行う戦略です。商品の裁定取引は、このアプローチを使用しており、市場のミスプライシングを利用しています。

外国為替裁定取引

外国為替アービトラージは、外国為替市場での価格の不一致を利用するテクニックです。様々な方法で影響を受けるかもしれませんが、どのような方法で行われたとしても、アービトラージは、現在は乖離しているが、急速に収束する可能性が高い通貨価格を売買しようとするものです。価格が平均値に戻ると、アービトラージ取引の方が収益性が高くなり、時にはミリ秒単位でも取引が成立することもあると期待されています。

クリプトカレンシーアービトラージ

クリプトカレンシーアービトラージとは、市場の非効率性から利益を得るためにクリプトカレンシーの同時売買を行うことです。これは、別のクリプトカレンシーの取引所で同じコインの価格差から利益を得る取引戦略の一種です。クリプトカレンシー裁定取引は、市場が非効率である限り存在することができます。クリプトカレンシーアービトラージを使用するほとんどの人は、三角裁定を利用しています。

おわりに

アービトラージ取引は、長年にわたり、様々な資産の取引戦略として使用されてきました。資産の価値を利用する他の投資や取引戦略とは異なり、裁定取引は市場に存在する非効率性に依存しています。そのため、アービトラージは景気の低迷や世界的な金融の不確実性があっても、収益性の高い資産となり得るのです。総合的に見て、アービトラージはすべての市場状況で使用するための優れた戦略です。

イメージ: Unsplash

For more ideas on how to grow your assets this pandemic, Try the Alpha Roc difference.